2010年01月07日

クロスプラットホームのインストーラを発見

izPackというクロスプラットホーム対応のインストーラがあるらしい。
これを使うとJWSを使わずにアマテルを配布できる。
自由度は高くなる。
だいぶ話は簡単になりそうな予感。

 それと、このようにやり方を大きく変えた場合、すでに使っているユーザ全員に告知メールを送るようにしたい。
 メルアドはダウンロードの際、登録していただこうかな。
posted by おーさわ at 02:34| Comment(5) | アマテル開発日誌
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

えーと、メールアドレスの登録が必須でなければいいと思いますよ。任意でフリーメールでもOKなら。

普段からサイトなどチェックしているユーザーは、お知らせ別にいらないとおもう場合も多いです。
Posted by ピノ at 2010年01月07日 17:47
 Vistaで問題が出たとき、なにかいってくるのは問題が出た人だけですよね。実状として。問題が出てない人は気づかないから、そうなるのも当然。
 でもメールでユーザに打診できれば、もっとくわしい実状がわかるのではと思うんですよね。

 私はオープンソースのフリーソフトウェアをたくさん使っていますけど、メールアドレス必須のものはいくらでもありますよ。
 それは当然だと思っています。
 それからフリーメールで充分です。
Posted by おーさわ at 2010年01月07日 20:21
 メーリングリストでも作れば、いいのかも。
 メルアドにこだわる必要はなかったです。
Posted by おーさわ at 2010年01月09日 01:21
こんばんは。

フリーメールOKなら、自分は登録しますね。ニュース用に用意しているアドレスで読めるのが一番良いので助かります。

必須が当然かどうかは、正直、個人のお好みもあるのですけれど、ユーザーにより個人情報だから……とかISPは教えたくない……などなどあるかと思います。

MLは便利だと思います。あれー不具合かもーな時に意見が出しやすいかもしれないですね。
Posted by ピノ at 2010年01月25日 22:35
 掲示板つきメーリングリストがあれば、私的にはそれが一番理想です。
 googleがそういうサービスをやってるけど、少々使いにくくて、躊躇してます。
Posted by おーさわ at 2010年01月30日 21:27