2009年10月15日

やっぱりオレオレ証明書になりそ

 これまでアマテルで使ってきたThawte.comのフリーの証明書サービスが打ち切りになって、どうも前もって取得しておいた証明書も使えないらしい。今日実験してみたら、JWSが原因不明のセキュリティ警告を出す。もしかしたらこちらの手落ちかもしれないが、警告の詳細をJWSが出さないためデバッグしようがない。
 ネットを調べて回ったけど、使えそうなサービスを見つけられなかった。
 丹念に探せば他にもあるのかもしれないけど「フリーの証明書をさし上げますよ」ってサービスは、そもそも問題がある。メールアドレスを登録して、ちょいちょいとやると、すぐに証明書が手に入るわけだけど、はたしてそんな証明書がなにを証明したってんだということになる。正式なものは、めんどっちい書類手続きがあるとか、向こうから確認の電話が来るとか、それなりに審査があったと思う。それからソフト配布用のコードサイニング証明書は本来、法人向けのもので、個人に発行されるものじゃない。
 だからフリー証明書サービスは、もともと少し無理のあるサービスだったのたけど、貴重なものだった。

 Thawteのサービスが消えたあと、JWSでソフトを正統に配布できるのは、高額の証明書を毎年おしげもなく購入できる法人だけってことになる。(法人でもオレオレ証明書を使っているところはたくさんあるようだけど。)

 専用のインストーラを作ってしまえば、この問題から解放されるし、ぜひそうしたいところだが、やっぱりすぐには作れそうにない。
 そんなわけで次のリリースからは『オレオレ証明書』で行きます。
インストールの時に警告が出るけど、まぁあまり気にしないで。
posted by おーさわ at 23:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント