2009年10月14日

そろそろアマテルの次バージョンを

 リリースできそうな感じになってきたのだけど、また面倒な問題が発生しそう。Java WebStartでソフトを配布するには、電子証明書なるものが必要で、これは今まで「フリーの電子証明書」を使ってきた。
 (クソ真面目に証明書が無いと警告を出すとか、「凝りすぎ」な機能を付けるからJWSは普及しないのでは?
 だいたい電子証明書なんて、フリーであれ有料のものであれ、ソフトやサイトの信頼性を証明するものじゃない。仕組みを知ればただの気休め程度の意味しかないって分かる。)
 電子証明書は普通はしかるべき認証機関に発行してもらうもので、三年間で八万円くらいかかる代物。フリーソフトの配布にそんなコストをかけるわけにはいかない。だから無料の証明書を使ってきたのだけど、近いうちにこのサービスが中止になるらしい。「今ならお安くしときまっせ」と、認証会社からメールが来た。まぁどうせいつかはこういう手口で売りつけに来る事は想像していたのだけど。
 とはいえ、有効期限が切れたあと、すぐに次の証明書は取得しておいたので、あと一年くらいはのりきれるかもしれない。あるいは、会社がいってる期限の十一月ごろになると、使えなくなるのかもしれない。詳しくはまだ調べてない。

 JWSによる配布は、いくつか問題もあって決して好きこのんで使っているわけではないのだけど、マルチプラットホームなのが魅力だったりする。だからMacやLinuxでもアマテルは動いた。
 専用のインストーラを作れたら、一番確実で、また細かい制御が可能になるのだが、MacやLinuxの環境まで対応となると、これまた設備投資がかかるので、やりたくなかったりする。またJavaはショートカットを作ったり、レジストリを操作するのが苦手な言語というか、その機能のサポートが遅れているので、インストーラを作るのが難しい。
 やっぱオレオレ証明書で押し切ろうかな。オレオレ証明書というのは、自分自身で認証した証明書で、正式な証明書じゃないけど、一応JWSで使える。ただしインストールの際に警告が出る。
posted by おーさわ at 19:12| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
今か今かと楽しみに待っていましたが、とうとうですか。お疲れ様です。楽しみにしています!(私は個人的にオレオレ証明書で良いのではないかと思います。。。)
Posted by でん at 2009年10月14日 21:13
 ありがとー!
 今年こそたくさんの占術メソッドを追加してやろうと思ってたんですが、辞書機能にしか手が回らなかったのが残念です。でもこれでアプリの土台に必要なものは一通りできたといえそうです。
 アプリはOSの上に咲く花。
様々なチャートは、アマテルの上に咲く花です。幹や根っこしっかりしてないと良い花は咲かないのです。
Posted by おーさわ at 2009年10月16日 21:15
ぜんぜんオレオレ証明書でいいとおもいます。
認証局だってお金儲け機関に成り下がってる気がします。
Posted by あき at 2009年10月25日 18:47
 まーそのうちJWSに頼らない・証明書不要のインストーラも開発できるようになるはずです。(大枚はたけば、マルチプラットホーム対応のインストーラも売られてはいるんですけどね。)
 Javaは昔から「明日の言語・未来指向の言語」で、「明日はごちそう、でも今日はない」といったところがあるんです。けれど最近はだいぶ「今日」に近づいてきています。
Posted by おーさわ at 2009年10月25日 21:34