2009年02月22日

辞書機能とアマテルの連結

 辞書機能は、はじめアマテルとは切り離して新しいアプリを書くように作っていたが、その状態で最後まで作ろうとしても、一定ラインをこえると作業テンポが落ちてきて煮詰まり状態になった。辞書はチャートを見ながら操作するものなので、「チャートからこのようなクエリーが来た場合は、このように動く(該当ページを表示する)」という部分を作る事ができないのだった。
 このような場合、擬似的にそういうクエリーを出すテストプログラムを作るものだけど、それは用が済んだら不要になるプログラムで、それを作るのは時間的ロスが多い。
 というわけで先にアマテルに組み込んでしまうことにして作業を進めてきたけど、組込作業は2日ほどですんでしまった。チャートの天体をクリックすると辞書が応答するのを確認。トンネルを両方から掘り進んで、とうとう双方が連結したような感じに見える。

 リクエストに応じたページを表示する機能(検索機能)はまだできていない。これを作ろうとして煮詰まっていたのだけど、トンネルが開通すると、頭の中にバーッと次にどう書けばいいかイメージが湧いてくる。物作りってのは順序が大切だなとつくづく思う。柱を立てる前に屋根を作ることやドアを作ることはできない。逆にいえば煮詰まる時というのは、あせりすぎて順序が見えなくなってる時らしい。
posted by おーさわ at 09:17| Comment(0) | アマテル開発日誌
この記事へのコメント