2009年02月04日

辞書がだいぶできてきた

辞書機能の登録編集機能がほぼできあがってきた。階層ツリーでDnDで操作できるインターフェイスを作ったが、やたらとめんどくさかった。これはアマテルの出生データベースのときにも感じた事だが、階層ツリーのGUI部品を使いこなすのはかなり難しい。一度やってることなのだから少しは楽にできるかと思っていたけど、この部分はあまり楽にならないというか、慣れないというか。そんなわけで力まかせにエイヤッと押し切って、多少ごちゃついたコードになったが、まぁだいたい収まりはついた。これで全体の七割程度ができたといえる。

 これまで辞書機能はアマテルと切り離して開発してきたけど、そろそろアマテルに組み込み、プラグインからのリクエストに反応する仕組みを実装していく。今まではデータの編集機能、つまり登録、削除、更新、閲覧、コピー、移動、ファイルへの保存と読みこみといった部分を作ってきたが、次は検索機能をつける。リクエストに反応するのは検索機能だ。プラグイン(基本ホロスコープ等)からは、「五室・太陽・水瓶・10度」といった情報が辞書に送られてくる。これが検索キー。辞書の各ページには、そのページがどんな情報に反応するかが設定できるようになっている。辞書プログラムはプラグインからのリクエストを見て、登録されているページを一つずつ調べていく。
そして「5室・太陽」という情報に反応するように設定してあるページをみつけると、そのページを拾い上げて表示する。また「太陽・水瓶」とか「水瓶10度」に設定されているページも同様に拾い上げる。そして抽出したページの内容を整形して表示する。
posted by おーさわ at 00:22| Comment(2) | アマテル開発日誌
この記事へのコメント
はじめまして。
占星術を学び始めた光之助(コウノスケ)と申します。
素晴らしいソフトと出会えて感激しています。
↓ こちらで紹介させていただきました。(事後連絡m(_ _)m)
http://ameblo.jp/yumemiru123/theme-10004145814.html
使いこなせるようただいま奮闘中です。
よろしくお願いします。
PDF版のマニュアルの一部が壊れているようで
閲覧できませんでしたのでご報告いたします。
Posted by 光之助 at 2009年02月06日 07:28
PDF版のマニュアルですが確かに壊れていました。直しておきました。転送でしくじっていたようです。ご報告ありがとうございます。助かります。

ブログを拝見させていただきました。
アマテルを紹介していただいてありがとうございます。これからもどんどんバージョンアップしていくので、末永くおつきあいください。

私は占星術の性格判断には、ちょっと懐疑的というか、個人の性格だの資質といったものを取り上げてもとりとめがないというか、そもそもそういうものってつかみ所がないように思える今日この頃なのですが、
ただ、相性を見るのには使えるような気がしてます。

たとえばこれまでの人生で、自分にとって身近な相手、たとえば親、兄弟、よく遊んだ友達とか異性とか、お世話になった人、逆に身近にいてすごく嫌いだった相手とか、好き嫌いは関係なく精神的に距離が近かった人物の出生データを集めるんです。一時すれちがった程度の人物はリストの中から除外します。
こうしてセレクトすると、だいたい二〜三十人といったところかな。

 そして星座分布グラフなどで、どのサインの人々が一番多いかしらべてみるわけです。そして自分の惑星のサインと比較してみると。かなり特徴が出るんですよね。

 友達になるのは圧倒的にこの星座、異性ではこの星座が多いというように、けっこうはっきり特徴がでます。
 このように複数の出生データを占星術的に鳥瞰視点で調べることができるのがアマテルの特徴です。おためしあれ!
Posted by おーさわ at 2009年02月06日 14:38